馬人(うまんちゅ)の競馬予想

データ、サイン、過去の傾向など回収率を重視する予想を展開します

カロリーの競馬予想

トレード日記

105万円のマイナス

3月の為替相場は方向性がつかめず、また、ことごとく予想が外れ、逆方向に相場が動き、1ヶ月間で、トータル105万円のマイナスを出してしまいました.........。 雇用統計を前に、市場も様子見ですのでエントリーを控えて今晩に備えたいと思います。これ…

ドル円

113円付近は本日も底堅そう。上値の113.85円を突破できるかは本日のNY時間のイエレン講演次第か....... それとも欧州時間に突破し、NY時間では114円を目指す展開になるか。

本日のドル円

本日は米国時間に予定されているイエレン議長の講演に注目が集まります。先週は地区連銀総裁からのタカ派的なコメントが続いたことでドルが底堅さを見せる場面が見られましたが、ハト派と考えられるイエレン議長の口から、利上げに前向きと取れるコメントが…

ドル円

ドル円は早朝の安値113.15から一本調子の上昇を見せ113.69まで上値を伸ばしました。日経平均➕131円で前引け。最近は必ずしも株価と連動していないようですが、 それでも第二抵抗線の114.22付近までは伸ばしてくると考え、朝、買いそびれた私は、ロン…

3連休ですが,,,,,,

マーケットは稼働していますが、ここまでドル円 始値111.51 高値111.55 安値111.21 と、動きがほとんど無い展開。 ロンドン時間に突入です。が、こう着状態。 NY時間でどうなりますか,,,,,,,,

見誤った........。

113.50でロングポジションだった私はナンピンを繰り返し、強制ロスカットを2回受け、大損害となりました。 ドル円は再び111円を試す動きとなり、111円を割り込む推移となったところで日銀のレートチェックの噂が流れ、ドル円は急反発する動きとなりましたが…

翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表

米国時間は消費者物価指数、住宅着工件数に加え、FOMCの発表が予定されています。消費者物価指数が底堅さを見せると、米国の利上げ観測も多少強まることが想定され、ドル買いの材料となるかもしれません。FOMCに関しては昨今の経済データからは金融政策の据…

18:30 英2月雇用統計

本日は欧州時間に英国の雇用統計の発表が予定されています。BOE金融政策委員会を控えていることもあり、賃金の上昇率に注目が集まります。賃金の上昇が確認されると忘れかけていた英国の利上げが少し意識される可能性がある反面で、EU離脱懸念を材料に売りを…

米・小売売上高(前月比) / 米・小売売上高(除自動車)(前月比)

米2月小売売上高は前年比でー0.1%と市場予想のー0.2%よりややマイナス幅が小さかった。しかし前月分が+0.2%から−0.4%へ大幅に下方修正。 この経済指標の発表後、-16pips動きました。

ドラギバズーガ

昨日、ECBよりドラギバズーカが発射されました。 資産買い入れ枠を600億ユーロ → 800億ユーロへ増額などを含む大胆な追加金融緩和です。 発表時の21時45分に市場はリスクオンで反応。しかし、22時30分よりドラギ総裁の記者会見が始まると、ジリジリと値を戻…

先週の米雇用統計

失業率は前月と変わらず4.9%、非農業部門雇用者数は予想の19.5万人増を大きく上回る24.2万人増、労働参加率も前月の62.7%、予想の62.8%いずれも上回る62.9%でした。ここまでの数字は、雇用の量的な伸びがこれまでの堅調さを維持していることを示していま…

原油価格の動向にも注目

明日からまた頭を切り替えて株、FXに集中です。 日経平均株価は現在、2月12日につけた安値1万4865円が当面の底となり、リバウンド局面が続いています。株価チャートを見る限り、中期的な節を上にブレイクしました。戻り高値としては、 1万7190円プラスマイナ…