馬人(うまんちゅ)の競馬予想

3連単1頭軸流しのマルチ、ボックス、フォーメーションで高配当を高配当を狙う

軸馬決まれば大体当たるぅ〜

報知杯弥生賞 予想

上位2頭、リオンディーズとエアスピネルの再戦だが、距離が延びるのならなおのことリオンディーズに向く。むしろ朝日杯時の方が距離を心配されていたくらい。2000mの新馬を勝っているし、今回が本来の距離だろう。一方、エアスピネルも能力的には引けを取らない。朝日杯が中山で行われていたらおそらく勝っていたのではないだろうか。ただし、体型・走法からもマイラーという印象があり、本質的な距離適性からはリオンディーズを逆転するのは簡単ではなさそう。ただ、このレース自体はマイラーでも好走可能。今後はマイル路線の方が良いような気もするが、今回は評価できる。

3番手がマカヒキ。2戦ともスローの瞬発力勝負で完勝続き。瞬発力では上位2頭にも劣らないと思う。心配点はスローの経験しかないこと。共同通信杯でもそういう人気馬が負けたように、スタミナが問われた時の心配はある。全姉ウリウリもスロー瞬発力勝負では強いが、ペースが流れると末が甘くなることが多い馬。タイプとしてはそっくりに見える。ただし、このレース自体はあまりスタミナを問われるようなレースになることは少なく、前哨戦らしいスローなら十分戦えるはず。

どう見てもこの3頭の牙城が高い。
タイセイサミットの前走の勝ち方は良かったし、コース経験も強みになる。朝日杯では不利もあったし、スムーズなら差を詰めることは可能かもしれないが、あくまで詰めるくらいで、逆転まではどうか。アドマイヤエイカンも上がりには限度があり、スローを想定するなら厳しくなりそう。むしろ脚は続くので、早めに捲ってしまうというのは作戦としてありだと思うが。


◎……リオンディーズ

○……エアスピネル

▲……マカヒキ

△……タイセイサミット